腕のぷつぷつ(毛孔性苔癬)

当院での治療内容

「二の腕のぶつぶつ」には毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)という名前がついています。
思春期をすぎたあたりから、肩から二の腕の外側にかけて(上腕の外側)、あるいは、太ももの内側(大腿内側)、膝より下の下腿、肩からつながるように背中にまで広がっていることもあります。

 

当院では、保険診療で外用剤(ユベラ軟膏、サリチル酸ワセリン)の処方を行う以外に、自由診療でフラクショナル炭酸ガスCO2レーザー(エコツー)での治療を行っております。