シミ・そばかす・肝斑・あざ

肌質改善を目指すシミ治療

当院のシミ治療は、シミを取るだけでなく、肌質改善も目指します。

シミを的確に診断して、スキンケアの指導、美白外用剤(安定型ハイドロキノンSHQクリーム・ビタミンCローション)、ドクターズコスメ(自家調剤化粧品)、内服薬、ケミカルピーリング、レーザー治療を組み合わせて、治療を行います。

 

シミの種類

俗に言うシミの種類は、以下の表のように分類されます。

シミの種類 治療内容

日光黒子

(老人性色素斑)

 顔の側面や肩や腕等日焼けしやすい場所にできる不定形で大きさも様々な「濃いシミ」。

 

ピコセカンドレーザーで治療します。料金リスト

脂漏性角化症

老人性色素斑が盛り上がり、表面がざらつき、真っ黒、多発するシミ。

 

炭酸ガスレーザーで切除します。

そばかす(雀卵斑)

子供の頃からあり、思春期から濃くなる鼻根部から両頬に点在するシミ。

 

ピコセカンドレーザーで治療します。料金リスト

そばかすは、紫外線暴露で再発することが多いので、日焼け対策を続ける他、LEDライト治療ヒーライトでの定期的なメンテナンスも大切です。

肝斑

女性ホルモンの影響で両頬に出るシミ。

 

一般的なレーザー治療では肝斑を悪化させるので注意が必要です。

肌に摩擦を加えないようにする洗顔指導や外用薬ハイドロキノン・内服薬トラネキサム酸での治療を基本として、ピコトーニングで治療します。

ADM(後天性メラノサイトーシス)

成人以降、両頬に点在するシミで、真皮層にメラノサイトが増加するアザの一種です。

 

ピコセカンドレーザーで治療します。

従来のQスイッチナノセカンドレーザーよりも、「早く」「綺麗に」治療することができます。

青いアザ(太田母斑、蒙古斑)

生まれつき、あるいは思春期以降発症する顔の青いアザです。

 

ピコセカンドレーザーで治療します。

従来のQスイッチナノレーザーよりも、「早く」「綺麗に」治療することができます。

ほくろ

平らなほくろをシミと呼ばれることがあります。

 

色が薄い平らなほくろは、ピコセカンドレーザーで治療します。

平らでも色素が濃く、深い場合は、切除になります。

炎症性色素沈着

ケガ、熱傷、ニキビの痕で、一般的なレーザー治療は無効です。

 

外用薬ハイドロキノン・内服薬トラネキサム酸やビタミンCでの治療を基本とし、

ピコセカンドレーザーLEDライト治療ヒーライトでの治療になります。

効果的な治療法

最新のシミ治療機 ピコセカンドレーザー

 

ピコセカンドレーザー エンライトンは、従来のQスイッチレーザーに比べて、

より早く、綺麗に、少ない痛みで、シミ治療ができるようになりました。

 

enLIGHTenⅢを茨城県で初導入です!

 

詳しくはこちらをクリック