漢方外来

身体に優しい治療を目指し、その一環として西洋薬に比べて副作用の少ない漢方薬を処方しています。
漢方薬は、西洋薬にはない効能として冷えに有効なものがあります。また一つの薬でさまざまな効能があるものもあります。

 

■処方例
花粉症には、小青竜湯の処方
感冒には、葛根湯・小青竜湯・麻黄附子細辛湯の処方
気管支喘息には、麻黄附子細辛湯の処方
肥満症・便秘症には、防風通聖散、大柴胡湯の処方
更年期障害、肩こり、冷え、めまい、しみには、当帰芍薬散、桂枝茯苓丸の処方
自律神経失調症には、加味逍遥散の処方
イボには、ヨクイニンの処方
疲労倦怠には、十全大補湯、補中益気湯、人参養栄湯の処方
冷え性には、六君子湯、人参養栄湯の処方
白内障、前立腺肥大には、八味地黄丸の処方
蕁麻疹・湿疹には、十味敗毒湯の処方
筋肉の攣りには、芍薬甘草湯の処方
高血圧・緑内障・頭痛症には、釣藤散の処方
つわり・神経性胃炎には、半夏厚朴湯の処方
むくみには、柴苓湯の処方

 

一般に高額のイメージのある漢方薬も、当院では健康保険が使えますので、患者さんの負担が少なくて済みます。
また、他のお薬を飲んでる方で薬の飲み合わせを心配な方も、薬剤の相互作用について院長が説明致しますので、安心して漢方薬の内服が出来ます。